OnePlus 3(A3000) 実機レビュー(1) まずは開封の儀です。

OnePlus 3(A3000) OnePlus
スポンサーリンク

OnePlus 3(A3000) 実機レビュー(1) まずは開封の儀です。 | モバツウ。今回から、OnePlus 3(A3000)の実機レビューをやっていきたいと思います。Expansysさんより評価機をお借りしてました。

本当はOnePlus 3に関しては、あちらのブログでやろうかなと思ってたのですがよくよく考えると中華スマホなので、こちらでレビューをやることにしました。

しかしながら、はっきり言ってOnePlus 3(A3000)は何となく安かろう悪かろう的なイメージのある中華スマホにカテゴライズするのがもったいないほどです。

そして、OnePlus 3(A3000)は間違いなく2016年では最強クラスのスペックのスマートフォンですね。

スポンサーリンク

では開封の儀行ってみたいと思います。

まずはパッケージ。”3″の文字がエンボス風に描かれています。上にはOnePlusのロゴがついてます。
image

左側面には”OnePlus 3″のロゴが描かれています。
image

ロゴはこんな感じです。
image

下部は特に何もなし。
image

右側面にも”OnePlus 3″のロゴが描かれています。
image

上部。こちらも何もなし。パッケージは全体的にシンプルで、赤いOnePlusのロゴがアクセントになってます。
image

では開けます。

お約束でいきなり本体です。最初から液晶保護フィルムが貼られています。内箱が真っ赤なのがインパクトありますね。
image

内箱の底面を見ると、中国語であれこれ書かれています。
image

本体を取り出します。
image

本体が載っていた部分の裏には開けられそうなところが・・・。
image

中にはクイックスタートガイドとSIMカードスロットを取り出すためのピンがありました。
image

クイックスタートガイドは英語と中国語。そしてOnePlusロゴのステッカーがついてます。Apple以外ではあまり見たことないですが、ちょっと嬉しいですね。
image

SIMカードスロットを取り出すためのピンです。
image

USBケーブルです。赤いのがまたインパクトあります。ちなみに本体側はUSB-C、ACアダプター側は一般的なUSBポート形状です。
image

ACアダプターです。
image

日本国内のコンセントと同じ形状です。100V-240V 50MHz/60MHzと書かれているので使えそうな雰囲気です。
image

OnePlus 3(A3000)のパッケージの中身はこれで全部です!
image

ということで、OnePlus 3(A3000)の開封の儀は以上です!

ExpansysでOnePlusスマートフォンを購入する
icon

OnePlus 3はGearBestやEtoren.comでも販売中です。
Etoren.com

GearBest
OnePlus 3 4G Smartphone – GRAY


【こちらも要チェック!!】
GEARBESTのオトクなフラッシュセール特設ページこちら!

Banggoodで今使える割引クーポンコード情報

Geekbuyingのオトクなクーポンコード情報はこちら!

スポンサーリンク


この記事が面白かったな〜と思ったら、ランキング応援お願いします!  にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ ブログランキング

プッシュ通知を
タイトルとURLをコピーしました