Redmi 4X 実機レビュー(4) 初期設定やって、端末情報確認します。

Xiaomi Redmi 4X Redmi 4X 実機レビュー
スポンサーリンク

Redmi 4X 実機レビュー(4) 初期設定やって、端末情報確認します。 | モバツウ。Redmi 4Xの実機レビュー4回目です。

前回はガラスフィルムとケースを調達した話を書きました。ガラスフィルムの浮きがちょっと気にはなりますが(^^;

今回は初期設定をやっていきたいと思います。

スポンサーリンク

MIUIの設定もだいぶ慣れましたのでサクサク進めます。
Screenshot_2016-01-01-09-50-50-678_com.android.provision

使用言語の選択で日本語はありません。これもお約束なので、とりあえず以後は英語で進めます。
Screenshot_2016-01-01-09-51-18-354_com.android.provision

リージョン設定です。
Screenshot_2016-01-01-09-51-30-841_com.android.provision

ここにも日本は含まれません。この辺で日本語が選べるようだと非公式ROM確定なわけですが、まだそうとも言い切れない感じです。
Screenshot_2016-01-01-09-51-41-935_com.android.provision

日本の代わりに韓国を選んでおくと時差もないのでおすすめです。
Screenshot_2016-01-01-09-51-53-575_com.android.provision

キーボードの選択は好みで選んで良いです。
Screenshot_2016-01-01-10-52-28-056_com.android.provision

使用許諾やプライバシーポリシーの確認です。
Screenshot_2017-05-09-00-18-25-483_com.android.provision

SIMカードの確認ですが、入れてないのでそのままスキップします。
Screenshot_2017-05-09-00-18-31-375_com.android.provision

Googleアカウントのサインインが出来ますが、本来China ROMにはこれは存在しないので、Global ROMっぽいですねー。
Screenshot_2017-05-09-00-18-37-288_com.google.android.gsf.login

お次はMiアカウントのサインインです。こちらは持ってなければ是非アカウントを作っておきましょう。公式ROMに焼き直したりする際に必須です。
Screenshot_2017-05-09-00-18-42-165_com.xiaomi.account

今回はひとまずスキップして進めます。
Screenshot_2017-05-09-00-18-47-674_com.xiaomi.account

指紋認証の設定ができますが、これも後から出来るのでスキップします。
Screenshot_2017-05-09-00-18-51-966_com.android.provision

追加設定です。使用状況を自動送信するとかは気になる方はOFFにしておきましょう。
Screenshot_2017-05-09-00-18-57-385_com.android.provision

位置情報に関する通知です。
Screenshot_2017-05-09-00-19-07-678_com.google.android.gms

Googla Appsの位置情報設定をONにする確認です。
Screenshot_2017-05-09-00-19-12-606_com.google.android.gsf

テーマの選択です。
Screenshot_2017-05-09-00-19-17-219_com.android.thememanager

これで設定は終了です。
Screenshot_2017-05-09-00-19-21-426_com.android.provision

Googleにセキュリティ等のチェックを許可するかどうかの確認です。
Screenshot_2017-05-09-00-19-26-916_com.android.vending

そしてホーム画面です。Googleの検索バーがあるので、やっぱりGlobal ROMのようですね。
Screenshot_2017-05-09-00-20-22-160_com.miui.home

一応端末情報です。ROMはGlobal Stable MIUI 8.2.1.0とあります。
Screenshot_2017-05-09-00-21-01-650_com.android.settings

しかしながら、5/29現在、Redmi 4X向けに公式リリースされているGlobal Stable ROMは実はありません・・・。ベータ版のGlobal Developer ROMなら最近リリースされたことを考えると、非公式なROMを焼いてある可能性は濃厚です。

現時点での公式ROMは
・China Stable
・China Developer
・Globa Developer

です。

なので、私の場合は公式ROMにサクッと焼き直しました。今度こそROM焼きの件は記事にしたいと思ってます!

ということで初期設定はおしまいです。

Redmi 4Xは2GB/16GBモデルも3GB/32GBモデルもGEARBESTで販売中です。スタンダードモデルの方は1万円台前半で購入できるので、Xiaomiのスマートフォン初心者にもサブで使うスマートフォンとして持つのも良さげです。

2GB/16GBモデル
Xiaomi Redmi 4X 4G Smartphone – INTERNATIONAL VERSION 2GB RAM 16GB ROM BLACK

3GB/32GBモデル
Xiaomi Redmi 4X 4G Smartphone – GLOBAL VERSION 3GB RAM 32GB ROM BLACK

ASLING Redmi 4X専用TPUケース 202円
ASLING Case for Xiaomi Redmi 4X – TRANSPARENT

ASLING Redmi 4X専用ガラスフィルム 269円
ASLING Film for Xiaomi Redmi 4X – TRANSPARENT


【こちらも要チェック!!】
GEARBESTのオトクなフラッシュセール特設ページこちら!

Banggoodで今使える割引クーポンコード情報

Geekbuyingのオトクなクーポンコード情報はこちら!

スポンサーリンク


この記事が面白かったな〜と思ったら、ランキング応援お願いします!  にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ ブログランキング

プッシュ通知を
タイトルとURLをコピーしました