Xiaomi Redmi Note 3 Pro実機レビュー(2) 外観などをチェックします。

Xiaomi Redmi Note 3 Pro Redmi Note 3 Pro 実機レビュー
スポンサーリンク

Xiaomi Redmi Note 3 Pro実機レビュー(2) 外観などをチェックします。 | モバツウ。Xiaomi Redmi Note 3 Pro(2GB/16GB)の実機レビューです。

前回は開封の儀でしたので、今回はRedmi Note 3 Pro本体の外観などを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

まずはRedmi Note 3 Pro本体です。パッと見て気付くのは戻るボタンが逆になってることです。SAMSUNGのスマホも確かこうですよね。
image

本体下部にはmicroUSBポートがありますが、なぜか左に寄っています。謎。
image

液晶の上にはフロントカメラなどが並んでいます。左右方向は狭額縁でこれが片手で持つ際の持ちやすさに繋がっています。
image

右側面はボリュームボタンと、電源ボタンがあります。
image

上部にはイヤホンジャックなどがあります。
image

左側面にはSIMカードスロットがあります。
image

本体背面です。何やら保護フィルムが貼られています。
image

上からリアカメラ、LEDフラッシュ、指紋認証センサーと並んでいます。あとはIMEIや認証関係のラベルが貼られています。
image

一見すると、全部保護シートの上に貼られているように思いますが
image

保護シートに貼られていたのは、一番下のラベル以外でした。
image

一番下のラベルだけが本体に貼られていたのでした。
image

ちなみに本体重量は165gでした。
image

Redmi Note 3 ProとiPhone 6s Plusとの比較

中華スマホはどういうわけか5.5インチ液晶を搭載したものが多く、勝手な推測ですがiPhone 6s Plusを意識しているような感じがしますので、一応並べて比べてみたいと思います。

同じ液晶サイズでもRedmi Note 3 Proの方が縦方向は短いです。
image

本体の薄さに関しては、わずかにiPhone 6s Plusの方が薄いかなと思います。
image

改めて長さが分かるように並べてみますが、これだけ差があるからでしょうか。Redmi Note 3 Proは思いの外持ちやすいのです!
image

という感じで、Xiaomi Redmi Note 3 Pro本体の外観などのチェックは以上です。

今回実機レビューで使用したRedmi Note 3 ProはExpansysで販売中です。
ExpansysでXiaomiスマートフォンを購入する
icon

GearBestでもRedmi Note 3 Proは販売されていますが、中国国内版なのでGoogle Play等はインストールされていません。
XIAOMI Redmi Note 3 Pro 16GB 4G Phablet – SILVER


【こちらも要チェック!!】
GEARBESTのオトクなフラッシュセール特設ページこちら!

Banggoodで今使える割引クーポンコード情報

Geekbuyingのオトクなクーポンコード情報はこちら!

スポンサーリンク


この記事が面白かったな〜と思ったら、ランキング応援お願いします!  にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ ブログランキング

プッシュ通知を
タイトルとURLをコピーしました