Xiaomi Redmi 4 Prime 実機レビュー(4) 初期設定始めます。

Xiaomi Redmi 4 Prime Redmi 4 Prime 実機レビュー
スポンサーリンク

Xiaomi Redmi 4 Prime 実機レビュー(4) 初期設定始めます。 | モバツウ。間が空いてしまいましたが、Xiaomi Redmi 4 Prime実機レビュー第4回です。

前回はあまり期待せずにGEARBESTから買ってみたTPUケースが意外と良かったって話で終わっていました・・・。

今回は届いた状態(ショップROM)での初期設定を行っていきたいと思います。

スポンサーリンク

まずはMIUI 8のロゴからです。
Screenshot_2016-01-01-08-13-48-750_lockscreen

使用言語の選択は、ひとまず英語を・・・。
Screenshot_2016-01-01-08-13-54-351_lockscreen

と思ったら日本語ありました。Redmi Note 3 Pro、Mi 5sと来てRedmi 4 PrimeでXiaomiは3機種目。Mi 5sに公式ROMを焼いた経験も積むと、さすがにこの時点でショップROMだなと分かるようになりました(笑)。とは言え、完全でないにしても日本語で設定ができるならとこのまま進めます。
Screenshot_2016-01-01-08-14-02-933_lockscreen

ロケールの選択画面です。
Screenshot_2016-01-01-08-14-16-184_lockscreen

これもお約束ですが・・・。
Screenshot_2016-01-01-08-14-31-575_lockscreen

日本は選べません。時差の兼ね合いもあるのでお隣の韓国をロケールとします。
Screenshot_2016-01-01-08-14-38-876_lockscreen

キーボードの選択はどちらでも良いですが、まだこの時点では日本語入力は出来ません。あとでGoogle日本語入力をインストールする必要があります。
Screenshot_2016-01-01-09-15-11-349_lockscreen

個人的にSwiftキーボードにあまり馴染みがないので、Googleキーボードの方を選んでみます。
Screenshot_2016-01-01-09-15-16-789_lockscreen

Wi-Fi接続の設定です。
Screenshot_2016-01-01-09-15-22-690_lockscreen

利用規約やプライバシーポリシーについてです。
Screenshot_2016-12-16-23-02-01-002_lockscreen

この時点ではまだSIMカードを入れていないので、スキップします。
Screenshot_2016-12-16-23-02-08-867_lockscreen

Googleアカウントを持っている場合はここでログインも出来ますが、そのままログインせずに進みます。
Screenshot_2016-12-16-23-02-14-425_lockscreen

Miアカウントのログイン画面になりました。デフォルトは電話番号とパスワードでログインする(しかも国番号はもちろん日本ではない)形になっていますが、「Other ways to sign in」をタップすると、メールアドレスとパスワードでもログインが出来るようになります。あとで公式ROMを焼いたりする際にブートローダーアンロック等が必要になるので、Miアカウントは持っていなければ作っておいた方が良いです。
Screenshot_2016-12-16-23-02-20-775_lockscreen

Miアカウント自体も後でログインするなり新規登録できるので、今はスキップします。
Screenshot_2016-12-16-23-02-26-583_lockscreen

次に指紋認証の設定となるのですが、これも後から出来るので、スキップします。
Screenshot_2016-12-16-23-02-31-279_lockscreen

アプリに位置情報へアクセスすることを許可するかどうかの設定と、使用状況を送信することを許可するかどうかの設定です。
Screenshot_2016-12-16-23-02-36-337_lockscreen

位置情報の精度を改善するかどうかの確認です。
Screenshot_2016-12-16-23-02-45-071_lockscreen

位置情報の設定をONに戻す場合は「はい」をタップします。
Screenshot_2016-12-16-23-02-50-262_lockscreen

利用するテーマの設定画面です。
Screenshot_2016-12-16-23-02-55-314_lockscreen

これで設定完了!
Screenshot_2016-12-16-23-03-07-483_lockscreen

端末のアクティビティに対する警告を出したりしてよいかの確認画面です。
Screenshot_2016-12-16-23-03-13-202_lockscreen

ピンチすることでホーム画面のカスタマイズが出来ます。
Screenshot_2016-12-16-23-03-30-409_com.miui.home

そしてホーム画面のお出ましです。
Screenshot_2016-12-16-23-03-38-110_com.miui.home

次回はこのまま初期設定が終わった直後の状態や設定画面を見ていきたいと思います。

Redmi 4 Prime 3GB/32GBモデル・シルバー
Xiaomi Redmi 4 4G Smartphone – 3GB RAM 32GB ROM SILVER

Redmi 4 Prime 3GB/32GBモデル・グレー
Xiaomi Redmi 4 4G Smartphone – 3GB RAM 32GB ROM GRAY

Redmi 4 Prime 3GB/32GBモデル・ゴールド
Xiaomi Redmi 4 4G Smartphone – 3GB RAM 32GB ROM GOLDEN

オススメのTPUケース
ASLING TPU Phone Case for Xiaomi Redmi 4 High Version – TRANSPARENT

オススメのガラスフィルム
Luanke Tempered Glass Film for Xiaomi Redmi 4 High Version – TRANSPARENT


【こちらも要チェック!!】
GEARBESTのオトクなフラッシュセール特設ページこちら!

Banggoodで今使える割引クーポンコード情報

Geekbuyingのオトクなクーポンコード情報はこちら!

スポンサーリンク


この記事が面白かったな〜と思ったら、ランキング応援お願いします!  にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ ブログランキング

プッシュ通知を
タイトルとURLをコピーしました